川崎市内、川崎区、幸区のタクシーなら地域密着型のひまわり交通

安全管理

ホーム > 安全管理(運輸安全マネジメント)

運輸安全マネジメント

(1)輸送の安全に関する基本的な方針

  1. 社長は、輸送の安全の確保が事業運営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たす。また、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾ける等、現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し輸送の安全確保が最も重要であるという意識を徹底させる。
  2. 輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(plan do check act)を確実に実施し、安全対策を不断に見直すことにより、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努める。また、輸送の安全に関する情報については、積極的に公表する。

(2)輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況

  1. 目標
    • 重大事故件数:0件
    • 事故件数前年比:20%減
  2. 達成状況
    • 重大事故件数:0件
    • 事故件数前年比:0.07%減少(平成21年度より実施)

(3)自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計

  • 自動車事故報告規則第2条に規定する事故は発生しておりません。

(4)輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統

(5)輸送の安全に関する重点施策

  1. 輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び、安全管理規定に定められた事項を遵守すること。
  2. 輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努めること。
  3. 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講ずること。
  4. 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有すること。
  5. 輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを適確に実施すること。

(6)輸送の安全に関する計画

  1. 計画
    自動車事故対策機構の行う適性診断を活用し、全乗務員の運転 状況等を把握すると共に、安全教育の年間計画により乗務員に対 する教育を実施。 春、秋の全国交通安全運動及び、夏の事故防止運動、年末年始自 動車輸送安全総点検に合わせ、事故防止運動を重点的に行っていま す。また、日々の点呼において、乗務員ごとに安全運転目標を設定 させ、毎日の安全運転向上に努めさせています。 経営トップの安全に対する意識を速やかに活効率的に伝達する 為に、またあらゆる情報収集を効率的に行い、安全の為の内部チェ ックと改善の為に【事故防止委員会】を設置し、月1回開催してい ます。トップの意識を現場に反映させ、現場の意見をトップに伝え るパイプ役であると同時に、輸送の安全に関する事柄をあらゆる場 面を通じて現場に波及させていくことになります。
  2. 実施
    安全運転支援ツールとして、デジタルタコグラフ、ドライブレコーダー、アルコール検知器、ナビシステムを導入しております。

(7)事故、災害等に関する報告連絡体制

(8)輸送の安全に関する教育及び研修の計画

  • 現任乗務員研修会(乗務員全員 月1回)実施
  • 事故防止委員会(月1回)実施
  • 事故反省会(事故惹起者 月1回)実施
  • 無事故コンクール(年1回)実施
  • 適性診断活用

(9)輸送の安全に関する内部監査結果及びそれを踏まえた措置内容

  • 年1度、内部監査を実施する。

(10)輸送の安全に関する予算等の実績額

  • 平成18年10月 アルコール検知器:10万円
  • 平成18年11月 デジタルタコグラフ:2,100万円
  • 平成20年2月  ナビシステム:4,400万円
  • 平成21年4月  ドライブレコーダー:735万円

(11)安全統括管理者

  • 専務取締役 村木 祐治

(12)安全管理規程

このページの先頭へ